(株) 医療情報研究所

〒636-0061
奈良県大和高田市礒野東1-10上田ビル1F
TEL:0745-22-6439
FAX:0744-22-6434
info@medical-info.jp

Valid XHTML 1.0 Strict 正当なCSSです!

ある患者さんが、インターネットで歯科医院を探していました

る患者さんが、インターネットで歯科医院を探していました。

その患者さんは、自費での入れ歯を考えていました。

「どこか、信頼出来て、高くない入れ歯を作れる歯医者さんはないのかな?」

何度も、検索してみたのですが、その患者さんは、中々自分が行きたいと思う歯科医院を見つけられません。

出てくる歯科医院のホームページは、どこも似たような内容ばかり。

「今日は、この辺でやめとこうか…。」

これといった歯科医院が見つからず、そろそろ検索を止めようと思ったその時です。

「○○県 ○○市 入れ歯」という、キーワードで検索すると、検索結果の上位に、あるホームページの紹介文が現れました。

「何これ?」

その紹介文は、入れ歯で悩んでいるその患者さんの興味を、強く刺激しました。

そして、その患者さんは、思わずそのホームページにアクセスしてみました。

すると、目の前に現れたホームページは、これまでに見て来た

「○○歯科のホームページへ、ようこそ!」

といった内容ではありませんでした。

気がつけば、そのホームページ内を隅から隅まで読んでしまった、その患者さん。

ホームページ閲覧後は、迷うことなく記載されていた電話番号に連絡し、予約を入れる事になります。

しかも、「入れ歯」ではなく「インプラント」の相談を目的に…。

一体、何が起こったのでしょうか?

ホームページで集客出来ている歯科医院はごくわずか。
それは、彼らのホームページの写真、文章、デザイン、
またはSEO対策が優れているからでしょうか…?

「結論から言えば、それはYesとは言えません。」

確かに、何も考えずにホームページをただ作るよりかは、写真や文章の精度を高め、SEO対策をする方が集患効果は高まります。

しかし、ホームページでガンガン集患するには、それだけでは不十分です。

当社は、年商1億円を超える複数の歯科医院と、密接なつながりを持っています。

だからこそ、分かっている事があります。

それは、本当に集患出来る歯科医院のホームページには、「ある戦略」が存在していると言う事を…。

いったいどのような戦略なのか?

どのようなホームページなのか?

その答えは、決して難しい事ではありません。

ホームページを既にお持ちの先生も、これからの先生も今回の話は重要です。

今日は、医院のホームページを24時間働く、優秀な営業マンに変える方法を公開します。

※SEO対策=ヤフーやグーグルなどの検索エンジンで、特定のキーワードの検索結果で上位表示させる為の技術的な対策。

「ホームページって、本当に効果があるの?」
「作ってみたけど、たいして効果が無いよなぁ…。」

恐らく、こう思われた事のある先生が多いのではないでしょうか?

今では、歯科医院にとっても、ホームページを持っていて当り前という時代です。

なので、多くの先生方が医院のホームページを開設されるのですが、果たして、本来の目的を果たせているのでしょうか?

ホームページの目的とは?

先生は、どのような目的を持ってホームページを開設しましたか?

また、未だお持ちでなければ、どのような目的でホームページを立ち上げようと思いますか?

それは、集患の一言に尽きますよね。

インターネットを経由して、たくさんの新規患者さんに自分の医院を知ってもらい、そして、実際に予約や来院して頂くといった目的がありますよね。

その目的をお手伝いする為に、世の中にはたくさんのホームページ制作会社があります。

中には、歯科医院に特化したホームページ制作会社もあります。

先生の思いや医院の良さが伝わる文章、キレイな写真、実績豊富なSEO対策(検索エンジン対策)など、様々な要素をウリに、多くの企業からホームページ制作サービスが提供されています。

確かに、単純にホームページを作るよりは、写真や文章の精度を高め、SEO対策をする方が効果的です。

その方が、先生のHPへ訪れる方も増えますし、その中から実際に予約や問合せをしてくれる患者さんも出てくるでしょう。

しかし、なぜでしょうか?

なぜ、多くの歯科医院がホームページ制作を外注して「文章」、「写真」、「SEO対策」共に充実したホームページを持っているにもかかわらず、思うように集患出来ていないのでしょうか?

なぜ、「ホームページを見ました。」といって予約してくる方が、それほど増えないのでしょうか?

なぜ、文章や写真を良くしても、アクセス数を増やしても、
「ホームページを見ました。」と言って予約を入れる、
新規患者さんが増えないのか?

その理由は明確です。
なぜなら、どれだけ文章や写真を良くしたとしても、多くのホームページは「患者さん」のためではなく、「自院」のために作ってしまっているからです。

歯科医院にとって、ホームページの目的は集患であることは、先ほどお伝えしたとおりです。

それでは、集患をさらに掘り下げて見て行きましょう。
歯科医院のホームページを探しているのは、どんな人でしょうか?

・初めて歯科にかかる方
・その土地に引っ越して間もない方
・掛かり付けの医院に満足できない方

こんな人だと思います。それではその共通点は?
先生の医院にとって「新規患者」ではないでしょうか?

もし、このような人たちがホームページを訪れて、専門用語盛りだくさんの治療案内ページや、履歴書のような院長紹介ページ、いつ更新したかわからないような話題のページを見たらどうでしょう?

先生もご自身に置き換えてお考えください。例えば海外のホテルを探しているとして…

・日本語に対応してる?
・電源の電圧・プラグの形状は?
・貴重品の保管は?
・ルームサービス・サニタリーは充実してる?

等々、知っておきたい点がたくさん出てきますよね?
これらの情報が得られないホームページだとしたら、そのホテルは候補から外れるのではないでしょうか?

何せホテルは他にもたくさんありますからね。
これは歯科医院をはじめ、どの業種でも同じです。

歯科医院を「インターネットで探す」という行為は、

「事前に知っておきたい」に他なりません。

「そんなもの電話番号載せてるんだから電話してくれればいいじゃないか」
と思われたなら危険です。

電話したくないからインターネットで探しているのです。

ホームページを作る側からすると、「こんなことわざわざ載せなくても…」と思うかもしれません。でも、バカが付くくらい丁寧に作ってちょうどいいのです。

そうです、新規患者さんが求めているのは「安心」なのです。

「安心」は「情報」として伝えることで初めて意味をもちます

どれだけ患者さんのために気を遣っていても、それらをホームーページで発信しない限り、インターネット検索している新規患者さんには伝わりようがありません。

もし、先生が今ホームページをお持ちならば、この方法をご活用下さい。

新規患者さんの目線で改めて医院を観察する

医院が面している道路、駐車場、玄関、受付、トイレ、待合室、診察室、スタッフの対応…等々、様々な角度から観察してみましょう
スタッフやご家族、ご友人にも協力してもらいましょう。

「当たり前」だと思っていることが、
別の人からは「感激」にも値することがあります。

…これは、アメリカでの出来事です。
10社ほどあるビール製造会社の中で業界8位と苦戦している会社がありました。

この時、どの会社の広告も「ビールの純度」を売りにしていましたが、その会社は業界で初めて「製造工程を細かく消費者に伝えた」のです。

コンサルタントからこの助言を受けた時、経営陣は
「どこの会社も同じ製造方法なのに、なぜそんなことをする必要があるのか」
と反発しました。

しかし、結果として半年で業界トップに躍り出ることとなるのです。

その時の広告文は次の通りです。

ただ単に「純度が高いビール」と言われるより、このような説明を受けた方が製品の説得力が増します。

老若男女の目線から、もう一度医院を観察して下さい。きっとこのビール会社のようなアピールポイントが見つかるはずです。

それだけではありません

どのように伝えるか

先ほどの方法で、医院のアピールポイントを作ることができました。しかし、それをどのように伝えるかによって新規患者さんの反応は大きく変わります。

自分の専門分野を、全く知識のない人にわかりやすく伝えるためには、それなりの工夫が必要になりす。

それには「セールスレター」という手法が効果的です。
まさに今、先生が読んでいるこの文章もセールスレターです。

多くの歯科医院のホームページは、専門用語が多く、堅苦しく、無機質で人間味のない印象を受けます。せっかくのアピールポイントも、このような伝え方では活かすことができません。

またインターネットの世界では、「テンポ」が重要です。初めて訪れるホームページに、見る価値があるのかないのかは「3秒」で判断されると言われています。

例え読み始めてもらえたとしても、自分のテンポに合わないと思われた瞬間、先生のホームページはクリック一つでいとも簡単に閉じられてしまいます。

ホームページの価値を高めるために

また、情報には鮮度も必要です。
いつ作られたのか、いつ更新されたのかわからないホームページは、新規患者さんだけでなく、検索エンジンからも見放されてしまいます。

「SEO対策」という言葉をご存知でしょうか?
先生は、インターネットで何かを探す時、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンを利用されますよね?

それら検索エンジンにキーワードを打ち込み、検索結果で欲しい情報を扱ったホームページのリンクをクリックするはずです。

先生は、欲しい情報を扱ったホームページがなかなかない場合、検索結果の何ページ先までご覧になりますか?

何と利用者の約80%は、検索結果の1ページ目までしか見ないという統計が出ています。

SEO対策とは、特定のキーワードで検索された際に、自分のホームページを検索結果の上位に表示させる技術です。

実はこの検索結果の順位に、ホームページの更新頻度が大きく影響するのです。

検索エンジンの収入源は主に広告です。テレビや新聞と同じように、広告主からたくさんの依頼をもらうには、検索エンジン自体に多くの人から利用される価値がなければなりません。

利用者が検索キーワードを打ち込んで、利用価値のないホームページばかりが検索結果に表示されたらどうなるでしょう?

そうです、誰もその検索エンジンを利用してくれません。
だからこそ、検索エンジンは日々、世界に何億ページもあるホームページの更新状況をチェックし、「鮮度の良い=更新頻度の高い」ホームページを上位に表示させる仕組みを作って利用価値を高めているのです(※)。

※ホームページの内容も価値判断されます。

そこで、更新頻度を上げるのに最適なのが「ブログ」です。ブログがSEOに強いと言われているのは、このためです。

治療日記、医院のちょっとした出来事、先生やスタッフの趣味、休診案内、スタッフ募集、新しく導入した治療など、なんでもネタになります。これらを記事として投稿するのです。

趣味はちょっと…と思われるかもしれません。しかし新規患者さんに、先生やスタッフの趣味や人柄が伝わることで、「親近感」が湧き、信頼性が高まるのです。

「プロフィールの写真は怖そうだけど、結構かわいい面があるのね~」なんて思われるかもしれません。

また、スタッフを巻き込んで交代でブログを書くことで、院内のコミュニケーションがより深まるでしょう。特に女性スタッフは、ブログ等の情報発信に興味があるという話をよく聞きます。

「ブログなら無料サービス(FC2やライブドアなど)をつかってるよ。」という先生もいらっしゃると思います。

しかし、広告が表示されたり、デザインに満足できなかったり、“医院紹介ページ”や“アクセスページ”などの固定ページを作れなかったり、何かと自由度が低く「オフィシャル」なイメージが作りにくいものです。

でも、もしブログとオフィシャルページが一体化していたとしたら…?
その効果は次のPOINT 2でお伝えします。

具体的にどうすれば良いのか?

もし先生が、これらの方法を使ってホームページで集患されたいならばお任せ下さい。

効率よくアピールポイントを伝え、更新頻度を高められる集患型ホームページサービスをご紹介します。

■POINT 1
効果が高いホームページをモデルにした無駄のないデザイン

当社は、ホームページ等を使って主に通販で事業を成り立たせております。

その実績は、常日頃から反応の取れていているホームページを研究し、度重なるテストを繰り返して来た結果によるものです。

今回、先生が手に入れるホームページは、当社がこれまでに培ってきたノウハウを結集した反応の取りやすいページにデザインされています。

もちろん、デザインとは見た目だけではありません。ホームページを見る人の視点の動き、アピールポイントのレイアウト、行間、文字の大きさ、色彩を考慮しています。

新規患者さんから見て読みやすく、情報を得やすいページで、問い合わせ電話や問い合わせフォームへと行動を促します。

つまり、今回の戦略を実行する上でとても有効なページと言う事です。

■POINT 2
ブログ更新で、ホームページの専門性とSEO効果がアップ

今回、先生が手に入れる集患型ホームページの目玉ともいえる機能。

それはブログです。

ブログと聞けば、先生も、趣味等の日記として使われるイメージが強いかと思われますが実は、ブログは現在多くのビジネスシーンで優れたビジネスツールとして重宝されています。

ブログの役割は先ほどもお伝えしたとおり、SEO対策と信頼性向上です。

ブログなら
「アメーバやFC2、ライブドアなどの無料サービスがあるじゃないか」
と思われるかもしれません。

しかしそれらのサービスは、ただ単に「ブログ」の機能しか持っていません。医院情報や院長紹介、診療案内などの固定ページを持つことができないのです。

また、広告が入るため、お世辞にも見栄えが良いとは言えません。

今回ご案内するサービスでは、医院のオフィシャルホームページにブログが内蔵されています。
つまり、ブログの更新=ホームページの更新となるので、いつでも情報発信できて、その更新頻度が「本体となるホームページ」のSEO効果に直結するのです。

■POINT 3
先生は質問に答えるだけ!約4週間でホームページ開設!

ホームページを制作する上で先生がすることは2つだけです。

それは、当社からお送りする質問シート(エクセル形式)にご回答して頂く事。

もう一つは、ホームページに掲載したい画像を当社までお送り頂く事です。

この2つの事に、速やかにご協力頂ければ、最短で4週間以内に集患型ホームページを開設する事が出来ます。

先生が、パソコンの前で頭を抱える事は何ひとつありません。

■POINT 4
分からない事があっても大丈夫です!
カスタマーサポートを用意させて頂きました。

ホームページ納品時に、操作マニュアルを郵送していますが、もし不明な点があっても万全の体制でサポートさせて頂きます。

ホームページ掲載内容の変更作業やブログ操作、SEO対策について分からない事があればいつでもメールでご連絡下さい。

当社スタッフが、心をこめてご対応させて頂きます。

“分からない事があれば、いつでもご連絡下さい。”

集患につなげるホームページ制作、料金プラン(キャンペーン)

先生に最高のクオリティーをご提供するためには、一度に多くのお申込みをお受けできないと考え、定員制とさせて頂いております。

お問合せ・ご予約はお気軽に!0745-22-6439