「ニュースレター活用法DVD]と「ニュースレターサービス初回分」を先着50名様に無料で差し上げますが…

年間1,800件以上の動物病院と取引実績がある医療情報研究所がついに公開。
成長し続ける動物病院に共通したニュースレターの秘密とは?

単刀直入に申し上げます。
このツールを使えば、病院の増患未来永刧
悩む必要はありません。

ぜひ、当社の経験と実績が生みだした
マーケティングツール威力を無料で体験してください。

ニュースレターを出せば増患につながるって聞くけど、作っているそんな暇はない

そんな声を多く聞きます。

確かに忙しい診療の間を縫って、ニュースレターを作成するのは骨が折れます。

さらにニュースレターは、DMや広告などと違い、ボディブローのように後からジワジワ効いてきます。ですから、その効果を知る前に途中で挫折してしまう・・・。

これは本当にもったいないことです。

なぜなら、先生は自ら患者さんの予約をキャンセルしているようなものなのですから・・・

「行列のできる動物病院」と「閑古鳥がなく動物病院」の明らかな違いとは?

こんにちは、(株) 医療情報研究所の加用です。

近年、まだ増え続けていると言われる動物病院業界ですが、
先生を取り巻く状況は最近いかがでしょうか?

私の仕事は、優れた医療技術や経営ノウハウを獣医師の先生方にご紹介することです。

そういったことから、私はこれまでに取材やセミナーなどで、
数多くの先生方とお会いさせていただきました。

そして、流行っている病院とそうでない病院の違いをたくさん見てきました。

その違いは本当にハッキリしています。

それは、流行っている病院の先生は、医療技術はもちろんですが、
“コミュニケーションから生まれる患者満足”にも目を向けているということです。

よく、
「治療技術さえ高ければ、患者さんは自然に集まるだろう?」
「治せば患者さんは満足するし、それが増患に繋がるだろう?」

と言われる先生もおられます。

しかし、正直言いまして、このようなスタイルではこれから先は厳しいでしょう。

確かに技術を磨くのはとても重要ですが、患者さんから見て医者は治せて当たり前です。

先生がこれからの動物病院業界で成長し続けるためには、
医療技術を磨くだけでは足りない時代が到来したようです。

先生は今後、どのようにすればもっと患者さんに満足していただけるかを考え、
積極的に患者さんとのコミュニケーションに取り組む必要がでてきました。

そして、この患者さんの満足を満たす上で、
比較的取り組みやすく効果が期待できるツールがあります。

それは、ニュースレターです。

すでに始められている先生も、まだの先生も良くお読みください。

今日はほんの数分の作業だけで、先生が得するお話をさせていただきます。

なぜ、ニュースレターが患者の満足度を上げ、先生にとって得になる話なのか?

先生は“ダイレクトレスポンスマーケティング”という言葉をご存じですか?

簡単に説明しますと、それは直接販売ではなく、広告などを介して
消費者とコミュニケーション図り、販売を促進するマーケティング手法です。

通信販売や、先生の病院によく届くDMなども、これらマーケティング手法の一つです。

先生は「CLINIC NOTE(クリニックノート)」など獣医向けの雑誌に掲載されている広告から、何かのセミナーに申し込んだ経験はありませんか?

もしあるのであれば、
それはダイレクトレスポンスマーケティングの世界を体験したということになります。

日本にはこの業界で多大な実績を持たれている実業家がたくさんいらっしゃいます。

例えば・・・

  • 5万部配布のチラシで300組の集客に成功したリフォーム業者
  • 1通のメルマガで10万円以上のセミナーを1日で満席にした営業コンサルタント
  • インターネット通販だけで160万円という高額商品を販売したネット起業家
  • たった60枚のニュースレターで年商を2.5倍にした塗装工事業者
  • わずか6回のお便りで紹介率30%を80%に変えた学習塾

など、挙げればきりがありません。

想像を絶するような知識とテクニックを持った人たちが実際に存在するのです。

そして、彼らのようなマーケッターは口を揃えてこうおっしゃいます。

ニュースレターをやらないなんてバカげてる!

と・・・。

先生はご存じないかもしれませんが、国内ダイレクトレスポンスマーケティング界の
中心的存在である神田昌典氏もニュースレターの有用性を語ります。

ご自身の著書が累計販売部数100万部を超えた神田氏ですら、
ニュースレターは重要と語るのです。

なぜ、これほどまでにニュースレターが重要視されるのか?

それは、ニュースレターが本当に効果のあるマーケティングツールとして
あらゆる場面で実証されているからです。

今、ニュースレターは、治療院や美容室、飲食店に学習塾など、地域に根差した中小企業にとって欠くことのできないマーケティングツールとしてその効果が認められています。

もちろん動物病院にとっても、ニュースレターは無視できることではありません。

動物病院において、具体的に言うと、
ニュースレターは「新規患者の獲得」、そして「既存患者の囲い込み」に役立ちます。

そして実際、業績を伸ばしている動物病院の多くはニュースレターを発行しています。

情報収集に熱心な先生であれば、もはやこの事実はご存じかもしれません。

しかし、
先生はまだニュースレターの効果がぼんやりとしか見えていないのではないでしょうか?

では、ちょっとした実話をお話しいたしましょう。

それは、とある片田舎の治療院で起きたできごとでした。

これは私の知り合いの治療院のお話です。

彼は奈良県にある橿原市という片田舎で、カイロプラクティック院を経営しています。

こちらがその写真です。

彼の治療院は、片田舎に立地しているだけではありません。

ワンルームマンションの一室という、どうみても集客に不利な状況で開業しています。

当時、院の経営は思うように伸びず、
一時は廃業してしまおうとまで経営は悪化していました。

しかし、彼は努力家でした。

なんとか増患させようと思い、慣れない手つきでパソコンを操作し、
ニュースレターを発行し始めました。

そして、数回発行していく内に、色々な”奇跡”が起こり始めたのです。

彼が最初に実感したのは、患者さんとのコミュニケーションが濃くなったという変化でした。

例えば・・・

“来院する患者さんから「来月号も楽しみにしています!」と声をかけてもらったり・・・”

“また、ニュースレター内に書いていた料理のレシピについて会話が弾んだり・・・”

“季節の変わり目における体の故障について詳細を求められたり・・・”

“ニュースレターを通じたプチイベントで来院が増えたり・・・”

“ニュースレターの記事の予備知識で、施術がスムースに進んだり・・・”

“施術後の注意点についてのさらに詳しい質問をいただいたり・・・”

など、これまでにないコミュニケーションを患者さんから求めるようになってきたのです。

このときの感想を彼はこのように述べました。

「明らかに患者さんとの距離が近くなった」と・・・。

そして実際にその効果は数字が教えてくれました。

月日を追うごとに、リピート率が向上したとのことです。

つまりこのケースを客観的に分析すると、
彼は自分の院のファンを着実に増やすことに成功したのです。

「何かあったとき、頼れるのはこの院しかない」
そう患者さんに思われるようになったのです。

また、そのニュースレターは思いのほか評判を呼び、クチコミの起爆剤ともなりました。

患者さんが家に持ち帰ったニュースレターを見た家族が来院することもありました。

さらに、ニュースレターを楽しみにしている患者さんから
新規の患者さんをご紹介いただくこともありました。

そうこうしている内に、一時は廃業を考えていた彼の院は順調に売り上げを伸ばし続け、

“3年後には153%以上の成長を記録することとなったのです。”

もちろん、この成長のすべてがニュースレターによるものとは言い切れません。

しかし、明らかにニュースレターが増患の役に立っていることを彼は切々と語ってくれました。

この話は、私たちにニュースレターを発行するメリットを明確に教えてくれます。

つまり、ニュースレターを発行すると・・・

売上がアップする

もちろん、短期間で爆発的に売上がアップするということはありません。しかし、確実にジワジワと病院の売上げはアップしていきます。

なぜなら、ニュースレターが患者さんのリピート率を向上させるからです。

増患につながる

ニュースレターを発行すると、患者さんは必ず次号を楽しみにするようになります。もし、ニュースレターに続き物の内容が書かれてあればなおさらですよね。ニュースレターが広告やチラシと同じように病院の魅力を世間に伝え、クチコミの起爆剤となってくれるのです。

患者さんとのコミュニケーションがより密度の濃いものになる

ニュースレターを発行し続けていますと、その内容について患者さんの方からコミュニケーションを取るようになります。コミュニケーションは、先生と患者さんの信頼関係をより濃いものにしてくれます。

そして、このコミュニケーションが患者さんのニーズをより明確にし、病院が取るべき今後の経営判断に役立つのです。

患者さんとの親密度が飛躍的にアップする

ニュースレターの良い点として、先生が直接患者さんにコミュニケーションをせずに、先生の人柄や病院の雰囲気を伝えることができることです。

当然、患者さんとの“親密度”は飛躍的にアップします。さらに、ニュースレターに先生のプライベートな内容や家族のことを書くことによって、さらに患者さんとの親密度はアップするのです。 この親密度は、他院との差別化をする上で必ず必要となります。

新たに取り入れた治療コースなどをインフォメーションすることができる

例えば先生の病院で矯正や、予防診療や、訪問診療を新たに取り入れた場合、それら新着情報をニュースレターで紹介すれば、一度に多くの患者さんに知ってもらうことができるのです。患者さん一人ひとりに説明してまわりますか? それともお金をかけて広告を打ちますか?

その必要はありません。いつも通りニュースレターで一斉に告知するだけで確実なインフォメーションが可能になります。

患者さんの知り合いが来院してくれるようになる

ニュースレターは基本的に紙媒体ですので、患者さんは無料で持って帰ることができます。自宅では、患者さんのご家族やご近所の方がニュースレターを読んでくれるチャンスがあるのです。ご近所の方にニュースレターを読んでもらうことでその地域の方が来院してくれる確率が大幅に増えます。

軽くリストアップしただけでも、
ニュースレターを発行するだけで先生もこのようなメリットが得られるのです。

それでも96%の先生はニュースレターを発行しません。

実際、このようなメリットは世間で知られています。
先生もどこかで耳にしたことがあるかもしれませんね。

しかし、このようなメリットが明らかになっているにも関わらず、
ニュースレターを発行しない先生はたくさんいらっしゃいます。

なぜ、多くの先生がニュースレターを始めないのでしょうか?

また、勇気を振り絞って始めたとしても、
なぜ、わずかの期間で”効果がない”と決めつけ、廃刊してしまうのでしょうか?

それは、本業の忙しさにあります。

すでに、病院だよりやニュースレターを作成されている先生ならお分かりかと思います。

ニュースレターをすべて自分で作ろうとすると、膨大な時間がかかります。

ネタを探して、文章を作り、デザインを整えて、印刷、発送の準備をする。

スタッフに任せっきりにできる環境があるのなら良いのですが、
病院にニュースレターを作れるスタッフがいるとは限りません。

ニュースレターは作るだけでも苦労しますが、
最も大変なのが反応の高い記事を書くことです。

何とか頑張って自分で作成したとしても、
デザインや文章が良くなくて努力の甲斐が報われない先生もよくいらっしゃいます。

ニュースレターは効果があるとは言われますが、大前提として
「反応のある様式」を守ったニュースレターを作成してこそ、効果が期待できるのです。

普段の業務も忙しいのに・・・

医療の勉強もしなくてはならないのに・・・

ニュースレターを作成する余裕なんてどこにあるのでしょうか?

さらにその中でライティングを勉強する時間なんてどこにあるのでしょうか?

答えは先生の思われたとおりです。そんな時間は、どこにもありません。

だからこそ、多くの先生がニュースレターに対して意欲的になれないのです。

では、忙しい先生が残りの4%に入り、ニュースレターを取り入れる方法とは?

しかし、実際にニュースレターで増患に成功されている先生は存在します。

彼らはどのようにして、ニュースレターを作成しているのでしょうか?

それは多くの場合、先生やスタッフが残業、
もしくは自宅持ち帰りなどでプライベートを犠牲にして作成するパターンが多いです。

聞いているだけで、やる気がなくなってきますよね?

でも、重要なことはまず「始める」ことです。

毎月じゃなくてもいいじゃないですか。

最初は、一年に4回でもいいと思います。

重要なことは、「始めて」そして継続することです。

それでも、先生は不安を拭えないですよね。

それは…

本当にニュースレターを始めて、続けられるだろうか…

ということです。

だからこそ、今回の私のお話は先生にとって無視することができない内容なのです!

ご安心ください。
無料でニュースレターが始められます。

結論からいいます。

今回、私ども医療情報研究所は、
歯科医院、整骨院でご利用いただくために特化したニュースレターを製作しています。

そのノウハウを活かして、今回、
動物病院の患者さん向けのニュースレターを初回無料でお試しいただけます。

これだけではありません。「ニュースレターをどのように活用したらいいのか?」
というご不安に対して、具体的に解説したDVDを制作しました。

もちろんこちらは無料で差し上げます。

このニュースレターのひな形を活用法DVDをご覧になりながら、今すぐ試していただくことができます。

「安くても使えるものかどうか・・・」と思われても困りますのであえて述べますが、
先生がニュースレターをスタートされる上で思う不安をすべて解消しています。

具体的に言うと・・・

「実際どんな内容のひな形が送られてくるのか?」

お申し込みをいただけましたらすぐにニュースレターをお送りします。内容が気に入らなければそのまま、継続の取引をキャンセルしていただければ問題ありません。

「実際にひな形を使ったらどのくらいで完成するのか?」

お送りするひな形を使って原稿を完成させるには、1時間もあれば十分です。

それだけで患者さんに読んでいただくためのニュースレターが完成してしまいます。お届けするニュースレターの原稿は、A4サイズで8ページありますが、一部を編集するだけですぐにニュースレターが完成してしまいます。先生が使用する時間は1ヶ月にたった1時間です。

「本当に続けられるのかな?」

ニュースレターの原稿は、すぐにに先生の手元に届きますので、先生が発行をやめる選択をしない限りは発行し続けることができます。

「パソコンの知識とか必要じゃないのか?」

ニュースレターの原稿は、Microsoft Word(ワード)でお届けいたしますが、難しい知識は一切必要ありません。編集には基本的な知識があれば十分です。MS Word(ワード)で文章が打ち込めて、プリントアウトできる程度の知識があれば問題ありません。

もし、解らないことがあったとしても、メールでお問い合わせください。
専門知識を持ったスタッフが丁寧にお答えさせていただきます。(無料)

「そのひな形は信頼が置ける人が書いているのか?」

(株)医療情報研究所が誇る、マーケティングスタッフが総力をあげて制作しております。当社は、医療関連の教材を販売する上で雑誌広告やDM、WEB広告などあらゆる媒体を駆使して、商品の販促に努めております。
その中で培った抜群のマーケティングノウハウと、ライティング知識のすべてを導入して、ニュースレターを仕上げます。

「効果は期待できるのか?」

即効性というよりは、ジワジワと漢方薬のように効いてきます。ニュースレターで即効性を語る人がいたら、それは嘘だと思って良いでしょう。
なぜなら、ニュースレターは長い期間をかけて増患を助けるツールです。効果はもちろん期待できます。しかし、続けて発行し続けるうちに、長期の投資のように確実に患者さんが増え売上げが上がっていく物だということをお忘れなく。多くの著名な経営コンサルタントが、ビジネスが投資だと言うことを語っています。

オリジナリティは出せるのか?(他とまったく一緒の原稿になるのでは?)

ご安心ください。すべての記事はお好きなように書き換えることができます。お届けする原稿は、先生が、自由に書き換えることも、先生の病院名を追加するだけで利用することもできます。先生は、使う記事、使わない記事を選択してオリジナリティをだすことができます。ほかとまったく一緒になることはありませんのでご安心ください。

いかがでしょうか?

私どもはこのように包み隠さず、先生に安心を保障することを説明できます。

しかし、私がいくらこの場で当サービスの有用性を語ろうが究極のところ
「使うまでわからない!」と思われるのが本音というものです。

私どもは、そんな先生の不安に胸を張って堂々と”実演”でお答えするつもりです。

そして実際にご利用いただき、
当サービスの安心感を事前に先生に肌身で感じていただきたいのです。

そうすることが、先生のニュースレターを発行する第一歩を踏みだしていただきその後の成功を掴んでいただく上で最も近道だと確信しているからです。

そしてこれがすなわち、
当社の掲げるミッション「医療業界の活性化」にも繋がるのです。

まずは、初回無料でお試しいただき、
当サービスがどれほど有用性に溢れているかご体験ください。

私どもはここに宣言します。

今回の提案が、いかに先生にとってリスクがない物かを・・・・

宣言1 無料について

当社が提供するニュースレター代行サービスと「ニュースレター活用法DVD」は、
初回を“無料でお試し”いただけます。

初回の“ニュースレター”と“活用法DVD”が無料です。また、お手元に届いてから気に入らなければニュースレターと活用法DVDはご返却いただかなくて結構です。

ニュースレター活用法をご覧いただき、実際にニュースレターをご覧になって、もし気に入っていただけましたら、引き続きお使いください。

もし、このニュースレターの内容は、うちの病院にはあわないと感じられたとしても、初回無料です。

先生には、リスクはまったくありません。

先生は、ほとんどリスクなくニュースレター初回分の原稿と活用法DVDを手に入れてしまうことができてしまうのです。

宣言2 サポートについて

お試し期間中でご不明な点があっても問題ありません。

もし、先生が『獣医師のためのニュースレター代行サービス』の原稿を編集していて、ご不明な点があれば、責任をもって編集スタッフが対応させていただきます。

また、お試しいただいた後、
先生が継続してご利用いただく際に気になるのは料金だと思います。

念のために、その後の料金に関して、ご説明します。

ニュースレターをやらないなんてバカげてる!

正直に言って、料金に関して私はかなり悩みました。

なぜなら、知り合いの動物病院が利用していた代行サービスは、
月額29,400円だったからです。

しかも動物病院専門ではなく、
幅広い業種に対応したニュースレターなのでかなりの修正が必要とおっしゃっていました。

また私は、かなりの数のニュースレター代行の会社を調べましたが、
10,500円から果ては86,000円という価格が設定されていました。

しかし完全に動物病院向けという、業種が絞られたものは殆どありませんでした。

私は、最小のコストで集客にもつながるニュースレターをぜひ、
先生に使い続けていただきたいと考えています。

ですから、医療情報研究所の“動物病院専用のニュースレター”代行サービスの
月々の価格は、9,980円(税別)でお届けしようと決心しました。

1ヶ月たったの9,980円(税別)で、飼い主さんとコミュニケーションを深めるきっかけが作れ、さらには、先生が何もしないでも飼い主さんがリピートしてくれるニュースレターが手に入るのです。

実際にご自身でニュースレターを作成された場合の時間と人件費と比べて、
この値段は先生にとって高価なものでしょうか?

このニュースレターを1年間続けて増加する売上と比べて、
この値段は先生にとって費用対効果が合わないものなのでしょうか?

答えは言うまでもありませんが、
それは、この機会に先生自ら判断していただきたく思います。

以上、当サービスは、ここに宣言した2つを、
お試し体験に申し込みいただける残り15名の先生に誓うことをお約束します。

最後になりましたが、ご確認いただきたい注意点が2つだけあります。

“もしかしたら、先生はこのサービスをご利用になることができないかもしれません”

まず一点目です。

大変申し訳ないのですが、今回のニュースレターの原稿のご提供は、
Microsoft Wordファイルでのご提供となります。

ですから、先生は最低限3つのツールが必要となります。

⇒ インターネットができる「パソコン」でCD-ROMが読めるドライブがあること

⇒ ニュースレターを編集するための「Microsoft Word 2000」以降のバージョン

⇒ ニュースレターを印刷するための「プリンタ」

もし、このツールをお持ちでなければ
お申込みいただいてもニュースレターは作成できませんので予めご了承ください。

もし、先生が以上の条件を満たしていらっしゃるのなら、今すぐお申込みください。

それからもう一点。

今回の募集は、最終追加15名のみで締め切らせていただきます。

前回の募集の際に、ワードの使い方などのご質問をいただいております。

メールでの回答には、丁寧に解説していますので、あまりに人数が増えてしまうと、
かえって十分なサポートできない状況になってしまします。

サポートの質を維持するためにも、今回は申込み数を制限させていただきます。

つまり、初回無料でお試しいただけるのは、
今すぐご決断いただける判断の早い15名の先生だけです。

なんと言っても、無料です。

悩むぐらいなら申し込まれたほうが得であることは言うまでもありません。

お急ぎください。

進歩は、第一歩がなければ始まりません。

ニュースレター初月分+活用DVD
無料

お届け内容:ニュースレター活用法DVD1枚/ニュースレターひな形初月分


先着15名様限定ですので、今すぐお申し込みください。

お試し期間の仕組み
>
▲ 上記「お試しについて」の内容をご一読の上、チェックを入れて下さい。
お申込みボタンをクリックできるようになります。

お試し期間の仕組み

このサービスは継続課金によるサービスのため、クレジットカード
お申し込みください。

※ “動物病院 News Letter Writing Service” のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである「ベリサイン」社のセキュリティーシステムを利用していまして、個人情報保護・セキュリティー強化のためSSL暗号化通信を採用しています。

ですから、お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。

退会について
退会のご連絡をいただくまでは、自動的に継続となります。
退会をご希望される場合は、退会のご希望月の5日までに、
メール(info@medical-info.co.jp)
又はお電話( 0745-22-6439 )にて承ります。

【ご注意】
ニュースレターサンプルは、CDからハードディスクなどにコピーしてご利用ください。
先生は、その原稿の病院名など、ほんの一部を編集していただくことで簡単にニュースレターを作成することができます。

もちろんオリジナリティを加えるために、記事の変更や差替などもご自由にしていただけます。

追伸1

無料で開始できます。

先ほどもご説明いたしましたが、初回無料でお試しできることを忘れないでください。
考えられるリスクとは、今回の案内を無視し、せっかくのチャンスを無駄にすることです。

追伸2

アフターサポートもご心配なく。

今回の体験版をお申し込みいただいた先生には、
当社の編集スタッフが責任を持って、ご質問にお答えします。
いつでもお気軽にメールでお問い合わせをいただけると幸いです。

追伸3

今回のお試しは、15名様限定です。

今回の「ニュースレター活用法」DVDは、15枚しかご用意しておりません。
従いまして、15名以上のお申込みは受け付けることができません。
まだお申込ボタンが稼働していれば間に合います。
必要な方は今すぐお求めください。

先着15名様限定ですので、今すぐお申し込みください。

お試し期間の仕組み
>
▲ 上記「お試しについて」の内容をご一読の上、チェックを入れて下さい。
お申込みボタンをクリックできるようになります。

このサービスは継続課金によるサービスのため、クレジットカード
お申し込みください。

※ “動物病院 News Letter Writing Service” のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである「ベリサイン」社のセキュリティーシステムを利用していまして、個人情報保護・セキュリティー強化のためSSL暗号化通信を採用しています。

ですから、お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。

退会について
退会のご連絡をいただくまでは、自動的に継続となります。
退会をご希望される場合は、退会のご希望月の5日までに、
メール(info@medical-info.co.jp)
又はお電話( 0745-22-6439 )にて承ります。

【ご注意】
ニュースレターサンプルは、CDからハードディスクなどにコピーしてご利用ください。
先生は、その原稿の病院名など、ほんの一部を編集していただくことで簡単にニュースレターを作成することができます。

もちろんオリジナリティを加えるために、記事の変更や差替などもご自由にしていただけます。